人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ろくがつ


長いこと変えられなかったホーム画面とキーボード画面をやっと変えた。新鮮な夜です。


今日もつらつらと脳内の文字起こししていくけど、
いつもブログがセンシティブになって非常に申し訳ない。
もともとブログに目を通してくれる人は少ないと思うけど
こんな根暗な内容を好んで読む人はいないし距離を置かれてもおかしくないと思ってる。


相変わらずこの時期は波が激しくて
前から約束していたことも当日になってことわってしまったり
かと思えば今から会いたいなあってフッ軽になったり。

先日はどうしても気分が重くて、代わりのきかない仕事を初めて休んでしまった。
しかも最低なことに連絡もせず電話も出ずだったので上司が家まで向かっていたらしい。


がんばりたい気持ちは大いにあるけど
スケジュールも内容も自分の力量を見誤ってしまうから
いっつも突然電池がきれる。うまくやり過ごしたい。


今日6/22は私の母の誕生日。還暦だそうです。

私は祖父母が還暦の年に生まれた末っ子なので、
子どもどころか結婚の予定すら見えなくて母には申し訳無い気持ちでいっぱいだ。

祖父が入院してたときに、「お前が結婚して子ども産むまで死ねないなぁ」と言われた。
でも私はまだ16才だったし、結局バージンロードを歩いてもらう夢は叶わなかった。

それがあって、祖母には間に合わせたいと思って
結婚出産にかなり焦ってた時期があった。
でもわたしは不妊症らしくおなかの大きい妊婦さんに混じって病院へ通うのがつらくて、毎回泣きながら帰ってきてた。

祖母が入院してうまく会話ができなくなってきた頃、
祖父との約束の話を聞いた当時の恋人が山梨までお見舞いに同行してくれた。

祖母は彼を見て「忘れられないなぁ」って言った。
その言葉が忘れられなくてつらい。
親戚集めてお祝いしなきゃってうかうかしてた祖母を裏切ることになりそうで、
随分つらい思いをした恋だったのに祖母の一言だけがひっかかってなかなか彼とは別れられなかった。
これも二十歳の頃の話。

気づけば私も今年で28才で、母の元を離れて13年。
最初は結婚するなら兄からって考えがあった母。

頑固な私は反対されてもタトゥーいれたり好き勝手してきたし、なんの相談もしたことがなかった。
最低なことに目の前で自殺未遂して血まみれになったこともあった。

そんな私に対して何か物申すのを控えていたと思うのに、
もはや結婚の順番とか関係なく「孫の世話をしたい」とこぼした母に年々会うのが億劫になって、
年末年始もお盆も帰らなくなってしまった。

私が自殺未遂したときに
「お母さんの夢(おばあちゃんになること)だって叶えてほしいよ」っていわれた。

叶えてあげたいけど誰かと恋愛するのがもう苦しくて、
体質的にも自然妊娠は無理だから尚更こんな私でごめんねって思う。

あんな大きな家で1人で暮らしていることを思うと心配でたまらないけど、
私が山梨に帰ったところでなにもできることがない。


年齢的にも体質的にも私が母親になるというのは
もう叶わないのかもしれないけど、
どうか母には許してもらいたい。


この時期本当にしんどくて謎な投稿が増えてしまうんだけど、
なんとなく電話くれたりなんとなく飲みに誘ってくれたり
次の約束を作ってくれたり、
私が死なずに済むようにしてくれてるお友達に恵まれている。


元気に過ごしたい時は悲しかったことの思い出が邪魔するくせに、
死にたい時は楽しかったこととか出会った人との思い出が邪魔するから困る。


みんな本当にありがとう、って心の底から思ってるよ


関わらなくなってしまった人だって
今の自分を作ってくれたことに変わりないから
その人がいてくれたおかげで色んな感情を知ることが出来て良かったと思ってる。

いつも助けられてばっかりだから
どうにか恩返しできないかなって思うんだけど、今は自分が日々を過ごすのに精一杯なので長い目でいつか自分ができることで返していきたい。


お友達も先輩も後輩もお客さんもバンド仲間も生徒も上司も仕事で関わる人も
私が撮影しているバンドのお客さんも。
みんな感謝してます、ほんとうに大事

どうか幸せに、というよりは
みんなに悲しいことが起きないように願っています。

また会おうね



Cathy Wellincia

# by cathy0222 | 2022-06-22 05:18

スイスイスイス


こんにちは。

Bar FUKUROでの展示会が無事に終了しました。
来てくださったかた、連絡くださったかたほんとうにありがとうございました。

初めてだったけどとてもいい経験になりました。

ここ数週間体調などがよろしくなく
お仕事や撮影、プライベートの約束を調整させて頂いて
ご心配、ご迷惑おかけした方すみませんでした。

梅雨の時期にだいたい色々な不調があるんですけど、
ちょっと今年は早くも波がでてきたようです。


乗り越えられるか不安でございます、
仕事もほどほどに、仕事以外の予定はなるべく入れないように気をつけたい。
(ドタキャンしたら申し訳なくてさらに落ちるので)


なーんか、最近もやもやすることがあってずっとひっかかってる。

割れて壊れたものをつぎはぎに修復したって
割れ目は消えないし壊れる前より脆いのと同じで、
心だって「もう大丈夫」って思っても傷ついた事実は消えないし
時間が経ってもふと思い出してしんどくなる時もある。
さらに、歳を取ればとるほどしんどかったこと悲しかったことも増えていって
悲しい気持ちが1つ弾けだしたらまるで蔓草のようにどこまでも繋がって出てきて、生まれてから今までの1から10全てを思い出してしまう。

涙の数だけ強くなれる的なことを何人にも言われたし
ZARDの歌も聞いていたし、その言葉を疑わずに過ごしてきたけど
最近は素直にそう思えなかったりする。
もう下手に私を慰めようとしないでほしい、
アドバイスも求めてないので私から相談なりしない限りは何も聞かず自論を話さず通常通りに接してほしいな、とかも思う(尖ってきた)

つらいこともあるだろうけど幸せだったこととか
今まで出会えた人がいることだって〜云々
そんなのは充分にわかっていて、
むしろ誰よりも大切に慎重に幸せを受け止めていて、
だからこそそれを邪魔する「しんどいと感じちゃうセンサー」がいらないのだ。

なくそうとしてもなくならない、
存在も忘れられたって家に帰れば自然と電源が入る、
もうこいつとうまくやっていくか
コントロールできる技を習得するか
何らかの力を借りて麻痺させるか
自分自身とともにシャットダウンさせるか、
でもどれも方法がわからないから困ってる。


様々なタイムリミットを再確認してしまった今、
ほんとうに叶えたかったことももう叶わないなあということに気づいてしまって残念。

約束を果たしたかった。私だけが勝手に抱えた強迫観念だけど。

4月終わりから食欲がなくなってしまって全然食べないことが多い。
ここ数日は眠れてもなくて、ただただお酒で色々ごまかして。
夜は泣き疲れていつのまにかやっと眠れたかと思えばすぐに目が覚めて。
まいにち重い体をひきずってなんとか息をしている、
けどそれすらできなくて予定を断ったり。

4年ほど前にスイスに行こうと思ってコンタクトをとったひとがいて、
旅費など貯めるために生きていたら
なんやかんやつらい時期を抜けて過ごせていて

ふとその事おもいだして、もうスイスに行けるお金も貯まってて、
ねこは連れて行けないから私だけ行くのはだめだって責任感はもちろんあったけれど、
急にワァってなって準備もしないまま全部残して迷惑かけたりねこたちを危機に晒してしまうのは嫌なので、
いっそ自分でこつこつ整理したり処分したりして、
挨拶を済ませてねこは実家に預けて、悠々とスイスに行くのもいいじゃんって思ってる。


スイスの話、覚えてる人いないだろうな
ふんわりふんわり。にこにこ



って、仕事の合間に考えちゃうダメ人間だよ〜
なにしてんだか、もうひと撮影がんばってくるのだ


あ、案ずるより割と冷静です。
心配ご無用です、ありがとう


Cathy

# by cathy0222 | 2022-06-05 14:11

おひろめ。


5/28〜6/4、生まれて初めて写真の展示をします。

カメラを初めて約4年、いつかやってみたいなと心の底に潜めてた思いが
友人に恵まれ、イラストレーターさんとコラージュアーティストさんとの3名合同企画で実現できる運びとなりました。

おひろめ。_f0360182_06531432.jpg



蒲田のbar FUKUROというところでやります。

なんと蒲田はたった1か月だけど上京して初めて住んだ街でして、
(最初の1週間は姉の家に居候なのでノーカン、その次の住まいです)

私の東京ソロ生活スタート地でおこなえるのもすごく嬉しいのです。


現像するのももちろん初めてなので、全てのデータを見返しました。
カメラ始めたての時の写真、下手くそだなぁと(今となっては)思いながら、でもすごくフレッシュで力強くて。

今回の展示会を機に久しぶりに連絡とれた方はもちろん
こちらから連絡する前に
「展示いつから?」「見に行ってもいい?」etc
連絡くれた方もいて、
告知が追いついてないのにありがたい限りです。


初日と最終日は在廊してます。 
ブルワリーさんとのコラボもあり初日はすごく混むらしく(ざっくり)
間の水木も顔出す予定でいますので、
ビールお好きな方はぜひいらしてくださいね。


そういえばイラストも飾ります。
今回のためにアクリル絵の具とキャンバスを購入したのですが、すごく楽しいです。


あんまり母に根掘り葉掘り聞けないのですが
亡き父も絵が上手でした。

なぜ知っているかと言うと
父が書いたであろうクロッキー帳を見たからです。

「〇〇(母の名前)、だいすきだよ」とコメントが添えられた絵。

父は婿養子だったし、お見合いに近い結婚だったみたいだけれど
お互いが好きで結婚したんだな、
私は望まれて生まれてきたんだな、と願わくば信じたいところです。


そんな父が最近夢にでてきた。
母に向かって、
「僕たちがやってきたことを皆が継いでくれてよかったねぇ」と言ってました。

父がそう伝えたかったのか、
私がそう言ってほしかったからそんな夢を見たのかはわかりません。

音楽も写真も絵も子供関係の仕事も
(私はしてないけど)服飾も、
両親の好きなことや仕事を 私や兄姉が続けてる。

私は父を知らなかったからこそ
無意識に続けている音楽と絵はこれからも続けたいなぁとおもってます。



そんな父との数少ないお話。
父方の祖父のお葬式の時と、
祖母のお葬式の時です。

父が亡くなった時に私は2才だったので 
親戚の人達は私のことをよく覚えていてくれたらしい。
あの時いちばんちっちゃかった子なの?
すっかり美人さんになったねぇ!(←鼻高々)
って何人も声掛けてくれた。
 そいで、何人も同じこと話してくれた。

[(父の火葬の日)
マコさんが、ぽーっと煙になったよ
って言ってたんだよ]


って。

父のことを お父さんとかパパとか言わずに
マコさん って言ったのも気味が悪いけど
(誠 なので周りからはまこっちゃんと呼ばれてましたよ)
当時2才のわたしは火葬場で何を見て
そう言ったのだろう

全然覚えていないけれど、
父方の親族からは会う度に言われた話で、
大切に覚えておきたい話

(歳的にもタイミング的にも
話してくれたおばちゃん達にはもう会えないかも)


馬鹿にされるかもしれないけど
当時のこと思い出せたらいいなって思ってる
第三者からきく父の話しか知らないから

1回くらい私の名前呼んでくれたこととか
写真にうつった日のことくらい
思い出せたらいいのにな




おひろめ。_f0360182_08114114.jpg

 

というわけで、
私と父と母と、いや〜生まれてからの28年間
全てをぶつけた展示会になるかもしれません、


特に入場料などないので
おいしくビール飲んでもらえたらいいな


私らしい作品を作れるよう頑張ります



Cathy Wellincia


# by cathy0222 | 2022-05-17 08:25

ストロボレコ発🔥


こんばんは。

今日5/5は下北沢MOSAICでストロボサイダーの
レコ発サポートライブでした。
 
毎度緊張してますけど、久しぶりに楽しくピアノ弾けました。
ストロボのお客さん、みなさんあたたかく応援してくださってありがとうございます。

ストロボレコ発🔥_f0360182_02083267.jpg
 

レコ発やワンマンなど特別な時に呼んでもらっているので
そんなにライブの頻度は多くないのに私の名前や顔を覚えてくれたり
個人の活動も応援してくれたり、とても嬉しいです。

メンバーと同じステージでやれるのも貴重だし、
そしてやっぱりクレジットされたCDというのは一生の宝物です。

ストロボレコ発🔥_f0360182_02110644.jpg



実はSNSでちらっとぼやいたきりメンバーには相談してませんけれど、
あがり症にも指の不調にもなかなかに悩まされていまして、
本当はもっと上手にできるのにな、なんてライブ後
ひどく落ち込んだりします。

今回のストロボサイダーのライブだけでなく、
自身の弾き語りでも、です。
本番で発揮出来なければ意味がない、とか
ミュージシャンとしてどうなのかetc
様々なご意見があるのもわかっていて
人前に立ちたくない日もあったりします。


弾けないかも→やっぱり思ったとおりに弾けなかった→もっと上手にできたのにな→更に手が震えたり
など、心身ともに悪循環な一方です。

弾き語りのライブもサポートのライブも次が決まってない今、
ゆっくり休んでまずは急いた心の柔らかさを取り戻そうとおもいます。

弾き語りは 歌いたくなったタイミングでできたらいいし、
バンドでは必要としてくれたタイミングで快くお返事できるよう準備できたらいいなとおもいます。


今日はストロボサイダーとして弾けてよかった。
フロアがいっぱいで嬉しかったです。緊張しいながらに、ちゃんと見てました。

CDの方ではピアノだけじゃなくてシンセやストリングスも手がけてますので、ぜひ聞いてもらえたら嬉しいです。

またライブハウスでお会いしましょう。
おやすみなさい。


Cathy Wellincia

# by cathy0222 | 2022-05-06 02:30

コーナーで差がつく


こんばんは。

前回の日記ではぴねすな内容を、とちらつかせたので
ほんわかするお話を先に。

オノマトペがだいすきなわたくし、
楽譜をめくる時に「ぺらり」
ものを渡す時に「そい」
想定外のお話を聞いたら「おろおろ」

などと口に出して言っていたら、
生徒に浸透してきていた。

3才さんがクレヨンをカバンから「そい」って出してて思わず笑ってしまった。

かわいいけど日本語的にokなTPOでオノマトペ使わないとねぇ。
子どもは身近な大人を鏡で写したように成長していくね。
見えないところも仕草も。

わたしが本当はモヤモヤしてる時でも
生徒には元気いっぱい接したいなって思って元気でいれば
生徒は混じりっけのない笑顔を返してくれる。
そいで私も本物の笑顔になれたりする。

私を先生にしてくれてるのは子どもたちだなぁとつくづく思いました。


さて、ここからは私の近況です。

ラーメン食べると手が疲れて痛くなるのって
わりと普通だと思っていたんだけれど、
最近はごはん1口分箸を運ぶのですら手が痛くてかなわん。

年明けてから急激に調子が悪くなっていく両手、
起きた時の筋肉痛みたいな疲労感や脱力感だけじゃなくて

ピアノ弾こうとする時や文字を書く時には
力んでしまって思うように動かなかったり、
ここ数日は何もしてなくてもおててブルブル。


ジストニアじゃなくてアル中であればいいなと思うくらい(そんなに飲んでないけど)

今までピアノしか続けてこれたものがないから
思うように動かないのもつらいし
これから弾けなくなるかもしれないのもつらい。

そうなれば必要とされたい人にも必要とされなくなるのではとか、
今まで積み重ねてきたことも趣味も仕事も存在価値も同時に失うことになり、
私の人生とは、状態。(気が早い)

懸念する病名を出されてもきっとピアノは続けるけど、
それで美化されたくないから明日からちゃんと通院して検査などするけど結果は誰にも話さない。

死んでから価値のつく画家の作品、
怪我を負ってもなお、みたいなフィルターで評価される人、
余命宣告されて同情を得る人、

もはや病気や怪我がステータスなのか
好きで負った人はいないはずなのに、ね


そんな私もここに書くのはベターじゃないけれど。


そういえば3/6に神戸で結婚式の撮影をしたり
今週から夜勤をはじめたりで、
体力的にしんどいとは感じてないんだけど
ヘルペスできたり蕁麻疹できたり寝つけなかったりで、
アラサーって本当に10代の時みたいに過ごせないんだなっておもった。

なにもかも曲がり角すぎてウィンカーどっちに出せばいいのか。
私は直進したい。


とまあこんな感じで近況報告でした。
あしたスマホとチャリを新調しにいきます。


おやすみなさい🐸


Cathy Wellincia

# by cathy0222 | 2022-03-10 22:27